気持ちこめたいならハンドメイド

Menu

2017年07月26日
誰かを応援するなら断然横断幕を更新。
2017年07月26日
一瞬で目をひきつける言葉の考え方を更新。
2017年07月26日
気持ちこめたいならハンドメイドを更新。
2017年07月26日
ずぼらな人はネット外注を利用するのも手を更新。

Calendar

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

手作り横断幕

運動会、文化祭、野球観戦、サッカー観戦と横断幕の使い方はさまざまです。「横断幕を作りたいけど、パソコンの使い方がわからない、印刷がめんどくさい」と悩んでる方がいるのではないでしょうか。そこで、パソコンを一切使わない横断幕の作り方を紹介したいと思います。
材料は、塗料、布、ひも、その他(糸、はり、テープ等)です。まずは、デザインの下書きをしましょう。消しゴムで消すことができないので、いきなり布に描き込むとリスクが高いです。下書きを終えたら何枚かコピーをしてください。そしたら、色を塗ってください。何色で塗るか決めていても、実際塗ってみたら、「なんか思ってたのと違うな」なんてことがあります。そのための下書きでもあります。
色が確定したら、本塗り開始です。布なので色がつきにくいため、はっきりと見えるように二度塗りをしましょう。塗り終わったら、物干し竿などで乾かしてください。完璧に乾いていることを確認したら、次は縫う作業に入ります。布の周りと、ひもをしっかりと縫い付けましょう。応戦してる途中に落ちたりしたら大変なので、ちゃんと縫えているか軽く引っ張って確認してください。それが終われば完成です。手作りの成果を込めて応援しましょう。

家でできる横断幕の作り方

運動会やスポーツ観戦などの応援で横断幕が使われます。「作ってみたいけど、複雑でめんどくさそう」と思ってらっしゃる方がいるのではないでしょうか。実は、案外簡単で、自分で作ることも可能です。それでは作り方を紹介しましょう。
材料は布、ハトメ、ひも、針、糸、アクリル絵の具orカラー油性ペン(手描きの場合)などです。まず、下書きをしてください。デザインは入念に考えましょう。それが終わったら色を塗りましょう。デザインが完成したら布に印刷しましょう。オリジナルTシャツ専門店で印刷してもらうことができるので、そこに頼めば手間をかけずに済むと思います。
また、布に塗りこむ場合は、布に染み込みやすいアクリル絵の具、または油性ペンを使用して塗ってください。乾いたことを確認したら、端っこを縫いましょう。ここはミシンを使うのをおすすめします。
縫い終わったら、次はハトメをつける作業です。生地に穴を開け、ハトメをとりつけましょう。この際ハトメパンチを使うとスムーズに進みます。ハトメをとりつけたら、最後にひもをつけましょう。このひもは、硬くて頑丈なものを使用してください。ひもを通して、玉結びをしたら完成です。皆さんもぜひ作ってみてください。

Recent News

誰かを応援するなら断然横断幕

目立つ横断幕を作成しよう 横断幕を使うシーンを想定して、誰より目立つレイアウトにすることが大事です。スポーツ観戦における応援では横断幕を見かける機会がありますが、周囲への配慮を考えた態度が必要です。大きなものは複数の人で支え合うことが重大になっていき、応援したい人へ気持ちが最大限伝わっていく状況へ力を注ぐ事柄…

Read more

一瞬で目をひきつける言葉の考え方

横断幕とは何かとその作成について 横断幕と言うと道路に設置してある立体歩道橋に標語などが書かれた横長の幕や分譲マンションなどの建物の外壁にマンション購入の募集の標語などが書かれた横長の幕を思い起こします。また、ボートレース場にて、レーサーのファンが応援する横断幕も想起します。 この横断幕は、規格が統一されて…

Read more

気持ちこめたいならハンドメイド

手作り横断幕 運動会、文化祭、野球観戦、サッカー観戦と横断幕の使い方はさまざまです。「横断幕を作りたいけど、パソコンの使い方がわからない、印刷がめんどくさい」と悩んでる方がいるのではないでしょうか。そこで、パソコンを一切使わない横断幕の作り方を紹介したいと思います。 材料は、塗料、布、ひも、その他(糸、はり…

Read more

ずぼらな人はネット外注を利用するのも手

オリジナル横断幕は通販で スポーツ観戦や応援などで必要不可欠な横断幕は実はオリジナルデザインの依頼が可能であることをご存知でしょうか。スポーツのチーム名を入れたり、チームに向けてのメッセージを書き込んだりと、横断幕には様々な用途があります。しかし、オリジナルの横断幕をどこに依頼出来るのか分からないといった方も…

Read more